2007年08月17日

細菌感染や炎症による頻尿

急に頻尿が起こるときは、細菌感染や炎症の可能性があります。

一番多いのは、膀胱炎や尿道炎、前立腺炎など、細菌感染によるものです。

膀胱・尿道・前立腺などが細菌に感染すると、人体の防御反応として、脳に強い刺激が伝えられます。

この刺激によって、普段なら尿意を感じない程度の尿が膀胱にたまっただけで、強い尿意が起きてしまいます。

膀胱の刺激が強くなると、尿意切迫感が起こって尿を我慢できなくなったり、思わず漏らしてしまう切迫性尿失禁になったりします。

細菌感染の場合は尿を検査することで比較的簡単に診断できますので、適切な投薬治療をすれば、ほとんど治ります。

ただ、薬でなかなか治らない場合は、膀胱結石、膀胱結核、膀胱がんの検査をしたほうがいいでしょう。

2007年08月16日

頻尿とは

頻尿とは、尿が近くなってトイレに行く回数が増える状態のことをいいます。

日中、起きている時に8回以上を昼間頻尿、夜間、寝ているときに2回以上を夜間頻尿と呼んでいます。

頻尿の原因には色々あって、膀胱炎や前立腺肥大症のような泌尿器系の病気以外に、腎臓病や糖尿病でも頻尿が起こります。

また、特に病気や障害がなくても、心理的な原因から頻尿が起こることもあります。

例えば、緊張したときにトイレに行きたくなるという経験は誰にもあると思います。

そして、緊張などの心理的な原因による頻尿が日常的になった状態を神経性頻尿と呼びます。

これは職場や家庭、学校などに強いストレスを感じているときによく起こります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。