2007年08月02日

尿失禁のタイプ3 溢流性尿失禁(いつりゅうせいにょうしっきん)

溢流性尿失禁(いつりゅうせいにょうしっきん)とは、実際は膀胱に尿がいっぱいたまっているのに、何か理由があって尿を出すことができず、その結果、たまりすぎた尿があふれてもれてしまうものです。

前触れの症状として、
■尿が出始めるまで時間がかかる
■お腹に力を入れないと出ない
■尿を完全に出し切ることができず、知らない間にじわじわもれる
というものがあれば要注意です。

男性の前立腺肥大症の場合に良く見られます。

他に、神経の病気や怪我のために尿道や膀胱の収縮が思うようにいかない場合にも起こります。

たとえば子宮がんや直腸がんの手術後、糖尿病や脳血管障害の後遺症です。
posted by O-health at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 尿失禁の種類
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50059197

この記事へのトラックバック

童貞卒業!
Excerpt: 正確にはセ◎レなんだけど。。(笑) いきなりかよ(笑)
Weblog: ついに彼女できた(泣)
Tracked: 2007-08-06 12:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。